・内容紹介

 これからコラムを投稿するにあたって、
内容についてはかなり迷ったのですが、本業の税務事例関係の他に、
私が今注目している事柄についても投稿していく予定です。
(あまり本業と関係のないことを投稿するのもどうかと思ったのですが、
筆が進まないので、興味のあること中心に投稿することにしました)

 ということで、第一回目は「休眠会社等の過年度青色欠損金の控除」についてです。

・休眠会社等(青色申告取消し法人)の、過年度の青色欠損金の控除について

 現在営業中の会社は問題ありませんが、累積赤字等やむを得ない事情により、会社を休眠等させることになった場合に、もともと青色申告であった会社なら、申告を怠っているといずれ青色申告を取り消されることになります。

 無申告の状態で青色申告を取り消された後、しばらくしてまた営業再開した時、利益が出た場合に過年度の累積赤字→青色欠損金を控除できるかどうか…というのが問題になります。

 結論から言うと、無申告の状態が続いていたとしても条件付きで可能です。

 その条件というのが、「確定申告書の連続した提出」となります。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hojin/5762.htm


 私の経験なのですが、父の会社がある事情で無申告が2期以上続き、
青色申告を取り消されたことがありました。

 その後申告することになりましたが、3期以上前の欠損金の控除の可否で、
税務署とやり取りしたことがあるのを今でも覚えています。

 現在は、青色欠損金の繰越期間は10年(平成30年4月1日以後に開始する事業年度から)まで延長されていますので、休眠会社等で無申告の状態でも、欠損金が使えるケースがありますので、是非ご検討いただければと思います。